おまとめローンはショッピングリボにも使える?

アコムはおまとめローンに最適

アコムってすごく人気のある消費者金融だけど、なぜそんなに人気があるんでしょうか? 三菱東京UFJ銀行グループで信頼度バツグンだからなのかな・・。 でもアコムって金利も低いので、金利の低さも選ばれている理由なんでしょうね。

金利が低いってことは、おまとめローンにも最適ですよね。 アコムをおまとめローンで利用すると、かなり金利負担が減らせるから評判いいみたいです。 複数の消費者金融から借入していて、返済が苦しい人は、アコムをおまとめローンで利用してみてはいかがでしょう?

もちろん、どんな人でも利用できるわけではないので、おまとめローンできるかどうか、まずはアコムの窓口で相談してみるといいんじゃないかな。 窓口で今の借入状況などを説明して、年収や職種などを伝えれば、おまとめローンが可能かどうか返答してくれるはずですから。 いきなり申し込んじゃうと不安しかありませんからね。 先におまとめできるかどうかの答えを、窓口で聞いておいた方が安心ですよね。

アコムでおまとめできれば、返済プランだって立てやすくなるし、何より負担がラクになって希望が見えてきますよね。 複数の借入がある苦しい状況を脱したいなら、アコムでおまとめするのが一番かも。

おまとめローンはショッピングリボにも使える?

マイカーローンは5年から7年かけて返済していくことになりますのでショッピングローンとしては長い方ですが自動車自体が高額商品なので毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

その間に給料が下がったり転職などで収入が減ると毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを組んでしまうということも選択肢としてあり得ます。

銀行の提供しているおまとめローンであればそれも1つの方法といえますが消費者金融のおまとめローンは、マイカーローンの返済に利用できないかもしれません。

と言うのも、消費者金融のおまとめローンというものは貸金業者からの借入れ金を1つにまとめるものなので銀行から借り入れたマイカーローンは利用対象外なのです。

信販会社を利用して組んだマイカーローンのキャッシング枠だったら対象ですがショッピング枠でマイカーローンを組んだ場合は利用することはできません。

おまとめローンの手続きを円滑に進めるために必要な書類や手続きについて紹介します。

必ず必要なものといえば本人確認書類があり主に運転免許証やパスポート、マイナンバーカードが該当します。

借入状況を証明する書類の有無については、ローンを組む金融機関によって異なるのですが消費者金融だと総量規制の例外貸付を適用する事になりますので必要です。

収入証明書は借り入れを希望する金融機関によって異なるのですが消費者金融業者で50万円以上、銀行の場合は100万円以上で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票などが該当し、特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討しているのであれば早めに用意する手続きをとっておきましょう。

おまとめローンは多重債務者が借入先を整理するために新規の借入先を見つけて既存の借入金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンというものは既存の金利よりも低金利のローンから借り入れて既存のローンを一括返済して新規ローンで返済していくということになるため、いわゆるローンの乗り換えということになります。

両者は金融上の定義づけは異なるのですが、厳密に区別されることはなく借り換えローンという商品名でアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを提供している金融機関も多いです。

消費者金融は高金利で、銀行は審査が厳しいのが一般的ですが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

消費者金融のおまとめローンや借り換えローンは追加融資ができないのですが銀行はフリーローンになっていることが多いので、通常のカードローンと同じように限度枠内なら好きなときに借入や返済が可能です。

おまとめローンの審査でつまづいている人は通らない理由を自己分析する必要があります。

ローン審査で行われる項目には属性審査と個人信用情報がありますがそれぞれの項目で問題がなければ審査落ちの可能性は低いです。

年収は高い人なら余裕で審査通過できると思われがちですが借入総額が年収の1/3をオーバーしている場合は審査落ちは確実です。

属性審査は安定度や確実性の判断材料となり契約社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者はマイナスイメージなので他社からの借入件数が5社ある人は審査落ちを免れません。

おまとめローンは複数の借入れを1本化することによって毎月支払う返済額や利息の負担を下げるという利点があります。

でも、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても返済方法を見誤ると、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組めたとしても元本は変わりませんので毎月の返済額を今より低く設定すると返済期間が長くなります。

返済期間が延びれば当然支払う利息も増えるので返済総額は、おまとめ以前より増加してしまうことは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型なので追加融資を受けることはできませんが銀行のアコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンにはフリーローンが多いので、追加融資をしてモラルことがあるのですが、一方で借入額が増えてしまうといったリスクも含んでいます。

おまとめローンなら利子を減らすことができるのが利点というのですが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社より借入れしていることが原因です。

アコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンによって利息が減るのかどうかは事前にきちんと金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンでショッピングリボの支払いも一本化できるかどうかは、その金融会社によってきます。

利用目的を問わない金融会社でしたら、ショッピングリボの支払いもOKですので、すぐにでも申込したほうがよさそうですね!

参考:ショッピングリボ払いおまとめローンは?審査通る?【アコムNG?】

アイフルでのリボ払いでのおまとめローンをやっている金融機関の多くは自社のホームページに返済シミュレーション設置している所が大半です。

金融機関の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の毎月の返済額や返済増額が瞬時に表示されますから簡単に比較することができます。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が金利差が大きいのでおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションでしっかりと金利計算をすることが借金完済への一歩です。

おまとめローンのおすすめは?

銀行では、おまとめローンという名前の商品よりも借り換えローンやフリーローンと呼ばれる名前の商品のほうが多いと思います。

銀行には総量規制がないので与信枠内であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付が適用されているので、返済専用のローンとなっています。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融のおまとめローンは、貸金業の返済に限ったローンとなります。

銀行のおまとめローンは消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能ですが消費者金融はというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ということで、銀行と比較すると見劣りするスペックなのは間違いありません。

しかし、消費者金融のおまとめローンは銀行よりも審査に通りやすく審査結果や融資までの時間が圧倒的に早いというメリットもあります。

おまとめローンとは複数の金融業者から借金をしている人が新規の金融機関から借り入れをして、今までのローンを一括完済するためのローンです。

複数の金融業者から借り入れをしているとバラバラな返済日なので残高の管理が困難です。

与信枠が低いと利息が高くて不利ですから複数のローンをまとめたほうが利息を下げられるかもしれません。

でも、アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを利用したい人は多重債務者ですから審査の基準が厳しくなったり、断られる可能性もあります。

金融機関の中にはおまとめローンという商品を掲げているところもありますので専門の商品なら多重債務者でも歓迎してくれると思います。

おまとめローンは数社の借入れをまとまられるので毎月の返済額を抑えたり引き落とし日を管理しやすくできるメリットがあります。

一般のカードローンと同様にアコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンにも審査がありますが通常のカードローンよりも最大利用限度額が低く、最低金利は高い商品が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を実例で比較しますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

どちらの金融業者からアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを借りるとしても毎月の返済金額を下げるという事は返済期間が長くなるということです。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるのでアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを利用する前よりも返済する金額は大きくなってしまいます。

「君たちやっぱり・・」のCMでお馴染みのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンという商品名のローンがあります。

消費者金融カードローンですが、大きな違いは年収の1/3を超える貸し付けも認められていることや返済だけしかできないカードローンだということです。

利率は6.3から17.8%と最低金利が高めの設定ですが即日審査、最短即日融資は銀行のおまとめローンではなかなか真似ができません。

最大限度額が300万円以下という上限がつきますが申込資格は20歳から65歳以下で安定継続した収入がある人だけなので勤務形態の規制はありません。

借入金は既存の借入先へ代行して返済してくれるだけでなく返済についての振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などはかからないメリットもあります。

おまとめローンという商品は埼玉りそな銀行にはありませんがフリーローンで対応することができます。

貸付利率は6.5%から14.0%と消費者金融よりも低く設定されていて来店不要で契約できるのもおすすめポイントです。

総量規制の適用外なので年収による貸し出し制限もありませんし最低年収などのハードルもありませんから、アルバイトでも申し込むことが可能です。

満20歳以上で完済時の年齢が満71歳未満、安定継続した収入がある日本に在住している人なら申込はできますが勤続年数が短いと落とされる可能性があります。

限度額が300万円では足りないという人には「りそなプレミアムフリーローン」も提供されており昨年の年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

消費者金融大手のアコムにはアコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンに使える借換え専用ローンがあります。

消費者金融などの貸金業は総量規制が適用されますがおまとめローンのように顧客のメリットになる貸し付けには例外貸付が適用されます。

一方的に利用者が有利になることが前提である例外貸付とは新規借り入れ分を含めた借入総額が年収の1/3を超えても融資が認められるというものです。

アコムの借換え専用ローンは融資の最高額が300万円ですが、逆に最低金利は借換え専用ローンの方が高めの設定です。

融資金の使い途は消費者金融などの返済に限定されておりクレジットカードのキャッシング枠の返済には利用できますがショッピング枠は使えません。

おまとめローンの審査に落ちたという人はその原因が明らかにならない限り、次のおまとめローン審査を受けても落ちてしまう可能性は否めません。

審査の項目には年収、勤務先、勤続年数といった項目があり、問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方がもちろん有利となりますが、肝心なことは借入総額とのバランスで借入希望額が年収の基準に収まっていれば返済可能と判断してもらえることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと評価が高くフリーターや入社1年未満という人は評価が厳しくなります。

個人信用情報は借り入れや返済状況を照会して審査される項目でこれまでに自己破産をされていたり、5社以上から借り入れがある人は、審査が厳しくされます。

おまとめローンというものは頻繁に利用するローンというわけではありませんから利用に際しほとんどの方が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類、メリットやデメリットなどの疑問はアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを提供している金融機関の「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金総額がいくらになったら、おまとめローンを検討するべきかなどの一般的な質問については「おまとめローン よくある質問」と検索し、情報サイトから調べましょう。

情報サイトなら消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットも記載されていますし金利やサービス内容についても比較しているので金融機関のサイトでは得られない情報がゲットできます。

審査に通るポイントなど、初めてアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを組むという人には有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を考えている人はチェックしてみることをおすすめします。

複数の金融業者からお金を借りていると借入残高を管理するだけでも一苦労ですね。

あちこちから借入れしている人は借りられる金額が低いために何社からも借りることになったのでしょう。

金利の設定は与信限度額が高いほど低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが効率的です。

しかし、多くの金融機関では多重債務者は歓迎されませんから全ての借入れを完済する金額の融資を受けるのにはハードルが高すぎます。

でも、おまとめローンはそのような多重債務者を救済するための商品なので積極的に利用することをおすすめします。

アコム審査自営業はOK?
Copyright アコムの審査OK・・自営業でも?, Inc.